ギフトボックスのアクセントに使えるペーパーフラワー【デイジースタイル】

2021年05月10日

ギフトボックスのアクセントに使えるペーパーフラワー【デイジースタイル】


 

Wrappilyのリバーシブル柄を活かして、素敵なペーパーフラワーを作ってみませんか?
エコなラッピングペーパーが、芸術作品の早変わり!

母の日のギフト、結婚式、お誕生日のお祝いなどにぴったりです。

鮮やかな紙の花で、DIYを楽しみましょう♪

 

 

デイジーのペーパーフラワー

Kirby-Jay Conyette @ikamcreate さんの作品

 

材料:

Wrappilyラッピングペーパー(このブログでは、「魔法の庭園」を使用しています)
無地の厚紙
ハサミ
スティックノリまたはホットグルー
千枚通しまたはつまようじ
両面テープ
ペーパーフラワーテンプレート(デイジー)

 

作り方:

 

1、ステンシルを作成します。

上記の「ペーパーフラワーテンプレート」をあらかじめダウンロードし、印刷しておきます。 厚紙にこの型をなぞり、5つのステンシルを切り取ります。

 

2、花びらを作ります

Wrappilyの紙を使って、花びらの形にカットしていきます。

数枚ずつ重ねてカットすると、早くできますよ!
カットしたら、折り目をつけていきます。

・アウターペタルA(大きい花びら)・・・40枚
・インナーペタルB(小さい花びら)・・・32枚

 

 

 

無地の紙を使って、以下のものをカットします。

・Center-A(細い方)を4つ
・Circle (丸いもの)を1つ
・Center-B(太い方)を8つ

Center-Bの紙の半分から下を、フリンジ(図のように細くカット)します。

 

 

3、花を作っていきます

千枚通しまたはつまようじを使用して、Center-A(細い方の紙)を巻きます。
切ってある4枚を追加(接着)しながら、全てコイル状にしていきます。

 

 

フリンジ付きのCenter-B(太い方の紙)を先ほどのCenter-Aに接着します。

中心の形をキレイに作るため、フリンジを毛羽立たせます。
(動画内で、フリンジ毛羽立ちの仕方が見れますので、ぜひ動画をご覧になってみてください!)

 

 

無地の紙で作った「Circle (丸いもの)」を花のベースとして使用し、 8つの外側の花びら(A)を取り付け、8列の外側の花びら(A)と重ね合わせ、小さな内側の花びら(B)をノリで貼っていきます。

 

 

最後に、フリンジ付きの中央部分を花の真ん中に置き、貼り付けます。

 

これを、両面テープを使って贈り物に直接固定するか、リボンなどに固定して、出来上がり!

 

 

 

 

 

アーティスト:Kirby-Jay Conyette さんのご紹介

 

2015年にイラストサービスとしてカリフォルニアで「ikamCreate」を創業しましたが、その 後、大きな手作りの花づくりへと移行しました。

結婚式、ベビーシャワー、企業イベントなどに使う、大きな3D花のインスタレーションをデザイ ンしています。





タイトル